空きっ腹にたましい

初谷むいのたのしいブログ

7/30 いなり寿司屋さん開こう、ふたりで、きっと楽しいよ

ねつのときって、体が敏感になるよね。たまに心がそんな感じになって、よくわからないことでしんどくなったり、感動したりしてしまう。今日はそんな感じだった。心がねつなのだろうか……。ふつうに寝不足?でしんどかった、というのが、大きいのだろうけど。

会社の勉強がなーんにもわからずまわりのみんなの二倍くらい時間がかかってめちゃくちゃ落ち込んだかと思えば、同期のスミが『今やってるの難しいから、わかるものを見て安心したくて小学生用のサイト色々見てる ローマ字のやつとか……』と言い出して天才っぷりにめちゃくちゃ感動したり、べつの同期の女のひとがチャットで自分のことを『おいら』と呼んだのがかわいくて愛しくてちょっと泣きそうになったりしてしまった。なんとなく過敏だ。

 

🥽

 

すごく文章が書きたい。物語が書きたい……。ひさびさに何か書きたくてむずむずしている。昨日ちょっと長めの散文を書いて、昔書いた短編(このブログにあるよ)を読み返したりしたら、結構良くて、というかもっと自分の文章を読みたくて、(好きなものを好きなように書いているからあたりまえだが……)、なんとなく今書けば、おもしろいものになるような気がして、気がするだけかもしれないけど、書きたい。けっきょくわたしは書かなきゃやっていけない人間なのだ、とか思うとちょっとかっこいい感じするね!?口下手オタクというだけのことですが……。まあ焦らず書いてみようかな……。

最近は歌人、という肩書きにもやっていて、わたしの、こうやってブログを書いたりご飯を食べたりしてる中の人、とわたしの短歌は…いっしょなのか…違ったほうがいい気がする…みたいな感じで悩んでいて、どっちかというとハイパー短歌クリエイター!みたいなやつになりたいな〜と思う。作家になりたい。そんなこともあって、焦らず小説とか書いてみたいな〜という気分だ。むりせずあせらず……。ちょっと何言ってるかわかんないね、ゆっくり考えてみるよ。

 

🥽

 

ゴーグルの絵文字を使っていたら、海、行きたいな……。とふと思った。海の生き物の勉強をしていたので、昨年は卒論のためにガンガン海に行っていたのだ。ヤドカリを捕まえていた。え、去年!?!!!うそ!?!!!みたいな気持ちだ。20歳になったくらいからなんだか人生が爆速で、こまったこまった。海に行かないと、23歳の夏は海に行かないことになってしまう……。たびたび言うけど、わたしはばかみたいにたくさん水がある場所が大好きなのだ。水が好き……。磯に行きたい。ちいこいものが一生懸命動いてる様を見たい……。人生には時間が、やりたいことを全部全部やるには足りないし、二つくらい人生のアカウントがほしい……。そうはいかないからきっと人生なのでしょうが。

 

🥽

 

小さい頃の夢は小説家だったし、なんとなく自分は作家になるものと思っていた。まあなったといえばなった、と言えなくも無いと思うけど、ふつうの会社に就職してふつうに働いている。短歌に出会わなかったら、どうなっていただろう。北海道大学短歌会に入らなかったら。就職しなかったら。東京で就職したら。選ばなかった人生分の可能性がある。目がくらむ……。まあ基本的には最良、でやってきたんじゃないかな、と思うし、この先の分岐も無限にあるのだろうから、気をぬくわけにはいかないですね。やりたいこと、なるべくやろう。

 

🥽

 

冒頭の話に戻るけど、そういうことなら睡眠不足で弱ってる場合じゃないんだよな〜。寝ても寝ても眠い。もっと寝るしかない。ということですね。やらねば。食べねば。というわけでちょっといいいなり寿司を買ったらすごくおいしくて毎日食べたくなった。ハッピー!

まあ無理せずがんばらなきゃね。きみもね、無理せずがんばろう。おやすみ。おはよう。

 

♡今日の短歌♡

派手に飲んだらびっくりされた ぼくは水を派手に飲んだりする男の子

 

♡今日の音楽♡

Play Back End Roll/indigo la End