空きっ腹にたましい

初谷むいのたのしいブログ

7/3,4 わたしがいない間に終わっている豪雨

風邪をひいた。早速ブログを休んだ。

へんに眠たい日が多くなったら体が弱っている証拠ですよ、みんな……。

 

🌂

 

熱が出ている時に見る夢はバグっている。基本的にわたしの夢はまあまあ辻褄があっているんだけど、熱が出ている時は妙に難易度が高いことを要求されていることが多い。今回はなんか概念の塊?みたいなものがバンバン浮いてるのを観察して、プレゼンを作らなきゃいけないんだけど、わたしだけが概念の塊のことを最後まで理解できず、発表ができないというものだった。地獄。昔は、髪の毛を右半分と左半分に完璧に分けなきゃいけない、みたいなのもあった。起きた直後はその感じを引きずっていて、まだわたしにはやらなきゃいけないことがあるのに……みたいな気持ちになる。だんだんそれが現実のことではないとわかってほっとする、みたいなことを繰り返す。

 

🌂

 

夢といえば、昔夢の中で『栗生』という男の子に会った。夢の中の登場人物で、名前が付いていたのは今まで栗生だけだ。それがめずらしくて、どんな夢だかは忘れてしまった今も、栗生のことはときどき思い出す。きみには2度と会えないが、きみのことが好きだったよ。

 

🌂

 

今朝、豪雨だったらしい。同期とのグループラインで「雨やば」みたいな話があった。わたしはそのとき地下鉄の中で、地上に出たとき、もう雨はほぼ止んでいた。雨、というとちょっと憂鬱だけれど、空から水が落ちてくる、と考えたらちょっとうきうきする。豪雨とあらばなおさらだ。当たるのは嫌だけど、見る分には楽しい。だから、豪雨を見られなくて、ちょっと悔しい。

反対に、小雨はあんまり好きじゃない。気がついたら体がめっちゃ湿ってる、みたいなことになりがちだからだ。余談だけど、わたしは東京に来てから、晴れている新宿を見たことがない。いつも曇っているか、じっとりとした雨に包まれていて、だから新宿のイメージは灰色だ。新宿はいつも雨、と思うとちょっと詩っぽい。新宿は豪雨、からはじまる名曲もあるし。

 

🌂

 

みんなと仲良くなりたいけれど、あんまりみんなと仲良くなれない性格だな、と社会人になってからいっそうよく思う。みんなと仲良くできる人のことをとても羨ましく感じるし、お前らわたしとも仲良くなってくれ〜っと思うことも多いけれど、みんながわたしに立ち入ってくれないのはたぶん、わたしが立ち入らせないからなのだ。わたしがみんなに立ち入ろうとしないからなのだ。みんなはただ、わたしにやさしかっただけなのだ。(ただ単にわたしが陰キャだからかもしれませんが……)

人生がずっとそうだと、落ち込むこともあるけど、最近は自分の性格や性質に諦め?がついてきて、ちょっと楽になった。しょうがない。わたしはわたしなりにみんなにやさしくいたい、し、いればそれでよい。それでいいんだ、と思うようにしている。

 

🌂

 

まだちょっとのどがいたい……同期の子が舐めな!って言って、くれたはちみつ(瓶)(うれしい)をぺろぺろと舐めて、寝ます……。やさしさに包まれてるね。ありがとう。

 

♡今日の短歌♡

雨が降って、傘が作り出す地上絵で人類が叫び出すこれが愛

 

♡今日の音楽♡

品がねえ 萎え/挫・人間

↑毎日、毎日聴いています 全員挫・人間を聴け