読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空きっ腹にたましい

ほくたん はつたにむい

きみと呼ばれる女の子の話

おもったこと 短歌!

短歌の女の子になりたい、というのは短歌をすきっておもってる女の子ならみんな思うのでは、って考えてるのですけどいかがでしょうか。すきな短歌の中に出てくる「恋人」がとてもすてきで、愛されててかわいいとき、それを詠む作者の目のあったかさみたいなものも感じて、これはみんながそうかわからないのだけどわたしはこんなふうに見られてみたいって思ってしまう。こんなことを言っていて、やっていてかわいかったっていうことがポエジーになるってすごくて、自分もやることなすことをおろかでかわいく生きていきたいって思わされる。説明していてもわからないから、いくつか引こうと思う。

 

 

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ(穂村弘

  

これは言わずもがなだよなあ。ゆひらっておいおい、きゅんとしちゃうしょやーってかんじ。「雪のことかよ」もいいよね、呆れてるけどなんかちょっと笑ってる気がする。これはたくさんのひとがいろいろ言ってるしこのへんにしとこ。

 

 

君がヘリコプターの真似するときの君の回転ゆるやかだった (堂園昌彦)

 

この歌も、作者の目線が優しい。「君」が2回出てくるのがあたたかく感じる。くるくる回る女の子はきっとへらへらしていて、ヘリコプターの真似なんかそうとうこころをゆるしていないとできないことだ。それだけのはなし、と言えばそうなのだけど、最高ののろけなのでは?ゆるやか、っていうのは離陸?着陸?という話を先輩としていたのだけど、わたしはこれはなんていうか、ディテールの甘いものまねなんじゃないかなあっておもった。おろかわいいってやつです?

 

 

牛乳が逆からあいていて笑う ふつうの女のコをふつうに好きだ(宇都宮敦)

 

牛乳を逆にあけると口がぱさぱさになるし、ぐちゃっとしてそののちこまる。たぶん、冷蔵庫を開けたらぐちゃっとした牛乳があったのだろう。恋人の存在をそのゆかいなおろかさを思って笑っちゃったよ、なんて、ほんとぴかぴかかよ〜って思う。下の句はとても安心感があって、生活を感じる上の句とうまく響いているように思う。ふつうにしあわせなのだろうなあ。

 

 

 僕のパーカー身に纏うときひるがえってあなたはちいさなお化けだ  とうとい/石井僚一

 

ひるがえって、がひらがなでひらひらしてるかんじがする。なんとなくだけど恋人はフードのあるパーカーを羽織っていて、それは作者のもので、あたままでパーカーに包まれている女の子がにこにこしている光景を想像した。お化けだ、なんてふつう女の子に使わないけれど、ちいさな、がつくだけでこんなにもいとおしさが感じられる。そしてとどめのとうとい。あわわわわ…この目線がとおとい。全部とおといよ。(7/31歌のミスを直しました!ごめんなさい!!)

 

 

ひとひらのレモンをきみは とおい昼の花火のようにまわしていたが (永田和宏

 

そんなわけなかろーー!!って思うけれどそうだったんだろうなって思う。きみは、のあとの空白に愛てきな思慮が見えるような気がする。紅茶か何かに入っているレモンをスプーンの先でいじる姿に恋人フィルターがかかるとそれはとおい昼の花火になるのかよおーーーばかばか!!ここまで書いてなんか涙が出てきたよ。永田和宏さんの奥さんは河野裕子さんっていうのが何度考えてもとてもぎゅっとする。一刻もはやく四十年の恋歌よまねば。

 

今回は男の人から女の人をみた歌ばっかりを引いたから、その鏡として、いくつか女の人の歌でかわいい!ずるい!ってのをいくつか!

 

 

 夜はわたし鯉のやうだよ胴がぬーと温いよぬーと沼のやうだよ(河野裕子

 

というわけでドーン!!!!!奥さん!!!!!うわあーー!!!!!かわいい!!!!えへへ♡な女の子がちらちらする!!!ほくたんの岐阜亮司くんが一首評を書いていて(めちゃくちゃよかった)、この歌を知ったのだけどこれはなんとまあ、きゅんとさせられるのだろう。岐阜さんは、酔ってる歌だと読んでいたけどやっぱり無防備さやあほさってかわいいんだなあと思った。

 

 

今好きな人にあったら眠いから抱きしめるかも  好きなだけだよ(今井心)

 

無防備といえばこれだと思うんです。なんかもう完全に泣いてるんだけど、ほんとこれはずるいです。眠いからではなくて好きだからじゃん!!!眠い→抱きしめるの理由が好きだ、ということっていう理由の連鎖みたいに読んだのだけどこのねむさによる素直な不合理さみたいなものがとても魅力的だ。作者がいま時点ではひとりで、ただ好きな人のことを考えてるだけっていうのもきゅんとする。ほれちゃうよ〜ってきもちです。

 

つ、つかれた…。さっぽろ文学フリマを経て、人生でいちばん短歌について考える毎日をすごしているのでみんなと話がしたい。いろいろ教えて欲しい。とりあえず吐き出したくてこのへこへこな記事を書きました。ほんとうはもっと取り上げたい歌とか、いい伝え方とかあると思うから消しちゃったりつづきを書くかもしれないけれど、読んでくれたら嬉しいな。はあ首が痛い、とりあえずすっきりした!

あと、短歌のことをこうやって書くのははじめてなので、なにかまちがってたら教えてください…。おねがいします〜!

 

 

きみの歌うグリーングリーンいつまでも誰も死なずにらららで終わる/初谷むい