読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空きっ腹にたましい

ほくたん はつたにむい

たのしい週末の話

おもったこと

わたしは空いてる週末が苦手で、変に空いてしまった日には意味なく図書館に行ったり、ともだちにとつぜん連絡をしてごはんを食べたり、ひとりで映画を見に行ったり買い物をしたりしてしまう。

時間に対してさみしい、のだと思う。ぽんこつ中のぽんこつで、気に入った(えらそうだ)ひととしかうまく話せないこと、勉強もしいられないと出来ないこと、ひとりでいると焦燥感がこわいし、しんどくなる。叶わなかった過去のことばかりおもう。ぐったりとする。

今日はだいじなバイトをしっかりできて、そのあとにめちゃくちゃかわいい女の子と会った。ふたりでばかみたいにサラダをたくさん頼んで、たべきれーんとわらっていた。彼女のことを、その存在をみんなに自慢したいのだけど、うまく表現できなくて、かわいい、としか言えないことがもどかしい。彼女のバイト先の変なお客さんの話や、高校のときのお気に入りの先生がひよこを死なせてしまった話(おもしろい)、実現するかわからない未来の話、わたしたちはおもしろいと思うことがとても似ていて、その話などをした。ほっぺと、人の話を聞いてないときの顔がかわいい彼女と会うとむむっと元気が出る。つまんないことをわらう人がすき。彼女はにこにこしながら終バスで帰って行った。写真を撮ったけどどれもぶれていてわらってしまう(あと、写真を撮ろうとするとはなの穴を見せたがるから、綺麗な子なのにおもしろくなる)。

おうちにかえったら母が脳トレで新聞記事を写していて、単身赴任から帰っている父がころがってテレビを見ていた。さくらんぼあるよっていわれておいしいのを食べる。口がキムチくさい。あーーちょう幸せーーー!!!みんなはいつ幸せですか。みんなでしあわせになりたいけどなあ。しあわせビームかましとくぞーー!!!!!びび!