読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空きっ腹にたましい

ほくたん はつたにむい

記念日の話

サラダ記念日だー!みんながサラダ記念日の話をしてるのお祭りって感じで、俵万智さんはすごいなあと思う。すこし、これを書いていなかった気がする。ずっとねむくてねむくて、ふきげんで、つまんねえ人間だったので、ずっとねてました。

 

今日、大切な人の夢を見て、その中でその人はわたしに二回もどうでもいいメールを送ってきた。目の前にいるのに。それだけの夢だった。通知が来て、前を見たら困ったような顔をしていて、それで目が覚めた。その夢はわたしをいくらか楽しくさせたし、覚えていたいけれど、そのうちに絶対忘れてしまう確信があるし、一年後も大切かと言われたら、たぶん違うだろうと思う。そういうことはきっと、どんなに抱きしめたって記念日にはなりえない。一年後も十年後もずっとその先も大切にしたい覚えていたい日のことを記念日って名付けるのだろう。ものごとがはじまって、それが続いていく愛おしさを記念日っていうんだなって、気づいてないのはわたしだけだったかもしれないけれど、おもいました。だからサラダ記念日はすごいんだ。未来が見えるから。きみと来年もサラダを食べたいから記念日なんだろうな。わーどきどきする。揺るぎない言葉でしょ、記念日。ずっと生きていけるでしょ。記念日に向けて。

ふらふらしてはいられない。記念日、つくりたいな。記念日をつくる2016下半期にします。よろしくね。

 

 

記念日と決めてあなたと過ごしおり名付ける代わりにぜんぶ覚える(初谷むい)